2011年4月 中途入社

H・N

前職業界 / 不動産業

前職業種 / 営業

出身学校 / 駒澤大学

出身学部 / 経営学部

所属部署 / 不動産事業本部

自身のポリシーや考え方・性格

” 初心忘るべからず “
特に仕事が順調に進んでいるような時ほどそうですが、周りのことを忘れたり自分本位になったりしがちです。常にこの言葉を思い出し、今の環境があったから成立して周囲の協力があってこそ出来ているんだ、という事を忘れないようにしています。

入社しようと思えた理由やキッカケ

” 士業専門 “
士業事務所からの不動産売却の依頼が大半を占めるということで、そこに至るまでの過程も複雑な事情が絡み合っている場合が多く、また通常の売買と比べ、より専門的な知識も求められる為、自分の成長にも繋がるやりがいがある仕事だと思ったからです。

現在している仕事内容

” 不動産売買の仲介 “
法律事務所や司法書士事務所からご依頼を頂いた不動産売却案件の仲介を担当しております。相続・自己破産・離婚など売却の理由は様々ですが、1都3県の物件を中心に、依頼があれば全国どこでもお受けして、出来る限り、お客様の期待に応えられるようにしております。弁護士や司法書士の先生と確認をし合いながら、販売から契約・決済まで進めていきます。

1番嬉しかったエピソード

” お客様からのリピート “
一度物件の購入や売却のお手伝いをさせて頂いたことがあるお客様から、また次の物件購入や売却の依頼を頂いたり、親族や友人を紹介していただいた時はうれしいですね。前の仕事が間違っていなかったかなと思える時です。つい最近も、5年前に自宅の売却でご縁があったお客様から、息子が結婚することになり新居を探しているからお願いしたい、というご連絡を頂きました。うれしかったですね。

入社してから「成長できた」と思えること

” 幅が広がった “
不動産売買の会社でも、開発・分譲をする会社と仲介をする会社では全く業務内容が異なりますが、売買仲介の中でも、対象にするお客様により、必要な業務や書類は違ってきます。弁護士や司法書士の先生と連携をしながら売買を進めていきますので、不動産知識以外にも、法律知識やもちろん税務知識も必要になります。仲介会社の中の業務では当社の業務は特殊な部類に入ると思いますが、その分、売買の知識や取扱いできる業務の幅にも、より広がりができたかなというのは実感しています。

自分の「ここ、ダメだな~」というところ

” 変なところが細かい “
たまに言われる言葉です。考えすぎて時間を無駄にしている時がありますが、迷った時ほど、直感を大切に、シンプルに考えるように気をつけています。

今後の目標
どのような成長を求めているか

” 幅広い対応ができるように “
不動産業とは関係ない社内業務のサポートを一定期間したことがありますが、それが後に不動産売却の時に役に立ち、お客様から感謝されたことがあります。このことを通じて、何事も全てが糧になり、役に立つということを学びました。今年は、直接業務に関係しないようなことでも、積極的に学習して行きたいと思います。

就職活動のアドバイス

” とにかくやってみる “
気になったり、興味が湧いたら、とにかく動いてみることだと思います。ダメならまたやり直せばいい、そう思います。まずは行動しないと後から「あー、あの時・・」と思ってももったいないです。

2019年3月実施 社内アンケート結果より
SCHEDULE

H・Nさんの

とある一日のスケジュール

10:00~11:00 メール対応
午後に調査に行く物件の近隣の相場確認や、周辺環境を事前に確認。
11:00~12:00 物件の周辺調査
都内の司法書士事務所にて、ご紹介頂いた物件の今後の流れや費用等についての報告と打合せ。
12:00~13:00 移動・昼食
物件のある埼玉県内の駅に移動。その駅で昼食をとる。
14:00~15:00 物件内覧
マンションの室内を確認。その後、近隣の買物施設や周辺環境を確認。
15:00~16:30 市役所にて物件調査
物件所在の市役所にて、都市計画や建築時の書類を確認して、写しを取得。
17:30~19:00 物件調査内容を整理
帰社して、調査した物件の書類を纏めて、査定書を作成。
19:00~20:00 今日やることと明日すべきこと
お客様からのメールや反響の内容を確認して、メールや電話で連絡をします。あとは明日やることを纏めて帰宅。
20:00~ 帰宅